ピラティスのポイント

 

ピラティスで重要なポイントは団体によって若干の違いはありますが、ここではそれらの共通点を踏まえつつ、成果を上げるコツ全般について書いていきます。

 

コントロール

 

ピラティスで最も重要な要素の一つはコントロールです。具体的には、身体の深層の筋肉(コア)を意識しつつ表層の筋肉と協調して動かすこと。呼吸に注意を払うこと。身体の軸(センター)がぶれないこと。一定の速度で流れるように動くこと(フロー)。働いている筋肉ひとつひとつを独立的に意識すること(アイソレーション)。毎回同じ軌道、同じ位置で動作すること(正確性)。そして全身に意識を集中させて動作を行うこと。これらを自分の意志でコントロールすることがピラティスのポイントです。ですのでテレビのCM中に行ったり、ながら運動で行うのではなく、一つ一つの動作に集中し、自身の心と身体を意識的にコントロールしながら行うよう心がけましょう。

 

 

反復練習

 

①の太字で書かれたところを意識したら、あとは反復練習です。ムーブメントによっては苦手なものや骨格的に難しいものもありますが、それらは繰り返し練習することで少なからず改善されます。また、そうしてできることから少しずつ繰り返すことで、最初はできなかったことがいずれはできるようになるというのもピラティスの魅力のひとつです。最後まで苦手なムーブメントというのも実際のところ出てきますが、自分の現状を見つめて少しずつでも向上していくことに意味があります。

 

 

リラクセーション

 

ピラティスのムーブメントは軽いものから難易度の高いものまで様々です。難易度の高いムーブメントについては②の通りですが、リラクセーション系のムーブメントも入れてバランスをとりましょう。余計な力みが入って心と身体がこわばらないように、自分自身に目を向けながら調整して行うことが大切です。

 

 

以上のことに注意しながら行っていれば、目に見えた成果を得ることができるでしょう。なお、ピラティスは細かい動きや呼吸も意識するものですから、我流で行わず人に習うことをおすすめします